気付いたらもう2週間。

更新を怠ってしまった…。

スタートダッシュを勢いよく切りすぎると途中から息切れする典型的なパターン。

 

「最近まだ読書感想文を書きたいほどの本を思いついてないから」、と言い訳がてらツレに言ったら、「そもそも読書感想文を書くためのブログじゃないじゃん。」と鋭いツッコミブーメランが。うぐぐ。そう、徒然なるままに書く日記でした。あまりにもネタがないから本のミノに隠れてました。

 

5月のゴールデンウィークが過ぎてから気づいたらもうすぐ5月末!ガビーン

2020年も来月を超えると残りあと半分になり、最近時間が過ぎるのが早すぎてビビる。誰かが言ってて確かになーっ、て思ったのは、「10歳の時は1年が1/10だから時間が長く感じられて、30歳にとっての1年は1/30だからそれに比べると短く感じるのでは?」と。なんだか分かったような分からないよう気にならなくもないが、感性尺度で時が「短く」感じられてしまうのであれば、その1/30の期間で過ごす「濃度」を今までより濃くしないといけないのかなーと思った。つまり以前と比べて何か新しいことを試さないと時間が早く過ぎちゃうと感じるのかなぁ、と。あるいは今流行りのマインドフルネス 的な考えで「Be Here Now.」(言わば「今この瞬間を大事にする」こと)を意識的に心がけることとか。ボーッとしてても確かに時間はあっという間に過ぎてしまう。

 

(経験値によって調整される)時間の長さを感じる尺度、その時間の濃さ/新鮮さ?、そして集中度合いによって変わるんかな。

 

あ、そう言えば最近YouTubeの筋トレやってないなー(新鮮ではない毎日)とか、Twitterばかり見てるな(漫然と過ごしている)、とか、まあ、何だかくだらんことをクネクネ考えながら、お犬さんと戯れるいつもの土曜の昼下がりであった。

 

f:id:TabeOba:20200523131627j:plain

相変わらず憎めないヤツめ。

以上日記終了、チャンチャン♪ 

ではまた。